2018年1月から4年間、Hiranoさんの山岳写真を紹介してまいりました。 本年からは、初心者写真家の私、丹野が撮影した写真を、Hiranoさんに添削していただこうと思います。 もちろんHiranoさんの新作が手に入りましたらその都度ご紹介します。 Hiranoさんにバシバシとご指導いただき、写真技術を向上させていければと思います。 どうぞお付き合いください。



雨と風が作った自然のなんとか

タイトル:雨と風が作った自然のなんとか
撮影地:小国神社
撮影月:2024年5月

(丹野)
説明文:遠州森町の小国神社を歩いていた時に見つけた自然の造形です。 どこかの国にこういうののもっとダイナミックな風景がありますよね。 もともと土があったところに水が流れてできたのでしょうか。 今まであまり関心がなかったのですが、自然の造形ってすごく不思議ですよね。


(Hirano)
見過ごしてしまいそうな自然の造形に気が付いて撮影対象にしていることがすばらしいと思います。 遠景の新緑の木々をぼかして中心の造形を強調するように絞りも調節されていて、工夫して撮影している様子が感じられます。 欲を言えば造形部分に少し日の光が差し込むと良いのですが、 造形部分は時間とともに変形していくので撮影時の瞬間が一番良かったかもしれませんね。 自然相手の撮影では望み通りにいかないことが多いです。 いずれにしても完成度の高い作品だと思います。 強いて言えば造形の部分が右に寄っている印象を受けましたので、 少し左側をトリミングしたバージョンを作ってみました。 画角を原版と同じ4:3で作りましたので上側も少し切っています。 若干自然の造形が協調された構図になったような? 好みの問題かもしれません。