本連載では、山岳写真家のYoshihide Hiranoさんが撮影した美しい山の写真を紹介していきます。 Hiranoさんがフィルムに焼き付けた美しい山々の姿をお楽しみください!

目覚めの刻

タイトル:目覚めの刻
撮影地:北アルプス 燕岳稜線
撮影月:4月下旬
山岳写真を撮影する時刻は日の出前後か日の入り前後が多いです。
斜光が射し込み、明暗のコントラストによって奥行きが生まれます。
この作品は朝日が射し込み始めたときに撮影しているので、
朝日に照らされた明るい斜面と陰になる暗い斜面とが稜線を際立たせ、
空に残る暗い雲が明るい斜面を更に強調しています。
朝焼けは無かったので雪面が白く光り、暗い雲とのコントラストが面白い作品となりました。
 撮影地は燕岳(2763m)の山頂近くで、山小屋から40分くらいのところです。
暗い時間帯にヘッドランプの明かりを頼りに雪のある稜線を歩くので注意する必要はありますが、
すばらしい情景に出会えます。