本連載では、山岳写真家のYoshihide Hiranoさんが撮影した美しい山の写真を紹介していきます。 Hiranoさんがフィルムに焼き付けた美しい山々の姿をお楽しみください!


幽玄な朝

タイトル:幽玄な朝
撮影地:南アルプス 烏帽子岳山頂
撮影月:7月下旬
三伏峠小屋を出発するときは雨模様でしたが烏帽子岳山頂に近づくにつれて雲が薄く なり、塩見岳(標高3,052m)の向こう側から太陽が昇りはじめました。ガスが湧き出 すなかでガス越しにかすむ太陽を撮影しましたが、オレンジ色の太陽とガスと塩見岳 がフレームインしたちょっと変わった作品になりました。太陽を逆光で直接撮影する ことはほとんどありませんが、このときは雨後の気象条件の急変によって撮影できま した。 烏帽子岳(標高2,726m)へは鳥倉林道終点から三伏峠小屋経由で約5時間くらいかか ります。三伏峠小屋からは1時間弱で登れますので、小屋に1泊して早朝に登って朝日 を見るのが良いでしょう。また三伏峠小屋から約5時間で塩見岳に登れますので、塩 見岳へチャレンジするのも良いと思います。

【Yoshihide Hirano氏プロフィール】
登山歴30年、山岳写真歴20年
使用カメラ:ペンタックス67Ⅱ
最近の主な撮影山域:南アルプス、八ヶ岳
日本山岳写真協会会員
磐田市在住